コレステロール

LDL(悪玉)コレステロールが高い場合に気を付けること

投稿日:

LDLコレステロールが高いといろいろ危険と言われますね。
その代表が動脈硬化ですね。

ここは気をつけないといけないポイントになります。

LDLコレステロールと動脈硬化の関係

LDLコレステロールの数値が高いと、動脈硬化のリスクが高まるといいます。
その理由はLDLコレステロールの働きにあります。

本来コレステロールは細胞膜の成分であり、副腎皮質ホルモン、性ホルモン、胆汁酸の構成材料です。
人体にとって必要不可欠な成分であり、血管を通して身体中に運ばれています。
LDLコレステロールも細胞内にコレステロールを送る役割を持っています。
ただ、LDLコレステロールの性質として多すぎると血管壁にへばりついてしまうのです。
その結果、血管は狭くなり動脈硬化のリスクも高いものとなってしまいます。

比較して善玉であるHDLコレステロールの役割は血管内の余分なコレステロールを回収、肝臓に運びます。
その結果、動脈硬化を防ぐわけです。
悪玉と呼ばれるLDLコレステロールがコレステロールを細胞内に運び、余分なコレステロールは善玉であるHDLコレステロールが回収する、そういったバランスになっているのです。

とはいえ、この2つのコレステロールは悪玉が増えれば善玉が減り、善玉が増えると悪玉が減るといった関係にあります。
その為、どちらかを増やせばいいのではなく、バランスのいい状態を保持することが大切になります。
現代の日本人はLDLコレステロールを増やす生活習慣になっている人が多いため、動脈硬化のリスクが増えているのです。

過去の和食が主だった日本人は、こういった傾向はありませんでした。
生活習慣病の改善には食事療法と運動療法があります。
まずは食事を和食ベースに戻すなど工夫をしていきたいですね。

動脈硬化でかかる病気

動脈硬化とは、動脈が肥厚し硬化した状態を指します。
こういった状態になると、本来血管の持っている弾力性も衰えますし、血管内が詰まっていることも多いですので、出血もしやすい状態になっています。
また、動脈硬化の状態では、血圧が上がった際血管は破損しやすいです。
脳内で出血した場合は特に重篤になり、脳卒中にもなります。

動脈硬化で問題になるのは、動脈硬化だけでは症状がないことがあります。
実際に動脈硬化事態は10歳位から起こる症状です。
病気にまで至るのは30代以降の高齢になってからが多いですが、動脈硬化のリスクは毎日の生活で培われていくものなのです。

この動脈硬化ですが、大きくは5つの病気になりやすくなります。
脳卒中
一つは脳卒中、脳内での出血によりこの病気になります。
脳梗塞も同様ですが、こちらは動脈硬化により血管が詰まってしまい、ふさがった状態ですね。
狭心症と心筋梗塞
もう一つは虚血性心疾患、いわゆる狭心症と心筋梗塞のことを指します。
心臓の血管に異常があった際に起こる病気ですね。
大動脈瘤
その他に大動脈瘤など血管がコブのように膨らんでしまうこともあります。
腎臓の機能が衰える腎硬化症や閉塞性動脈硬化症も、動脈硬化が原因です。

こういった循環器系の病気へのリスクは、動脈硬化が進行すると高まります。
この動脈硬化は若い時から少しづつ進んでいくものです。
10代から動脈硬化は進み、30代で完成した動脈硬化になってしまいます。
そういった事を避ける為には、若い時からの対策が必要になります。
動脈硬化の原因であるコレステロールを下げるなど、過剰摂取を見直し、不足した成分を補うなど、具体的な行動が必要になります。

コレステロールの多い食べ物を減らしてコレステロールを下げる作用のある食べ物を意識的に摂取するのが良いと思います。
あとは適度な運動が大事です。

-コレステロール

Copyright© 悪玉(LDL)コレステロールを下げるサプリ口コミ比較|いろいろ飲んで体験 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.